FC2ブログ

大航海時代に思いを馳せて

大航海時代Onlineのゲーム記録と、痛い子的歴史妄想で構成の予定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2018年2、3月アカデミー参加記録


逝ってしまわれた(スミマセン設定上なだけです;w;)師匠おお!!

俺は、、あの奥義に手を出してしまいましたああ!!

でも、やっぱり自分の能力では使いこなせませんでしたあああ・・・○| ̄|_

oil.jpg
(注)画像は本人の脳内イメージであり、現実の人物・団体とは一切関係ありません。




いきなり昔の漫画の一コマから失礼しました。

いや~しかし、年月の経つのは早いですね。最後に生存報告入れてからも既に1年たっちゃいました。

先日、フレの若奥様のブログコメントでついカミングアウトしちゃったように、嫁の目を盗みながらコソコソとまだこのゲーム続けていますw^^;
僕が大海戦やアカデミー出てる時は、表向きは持ち帰った仕事を書斎でやってることになっているのです。アハハ(/∀\*)
御苑洋子さんじゃないけど、そこは忖度お願いしますね!(ノ´▽`*)b☆

さてアカデミーでは前回書いたように、ベテランの猛者達にボコられる → カードロストを1カ月かけて回収の繰り返しですw
さすがにこの繰り返しにも飽きたのと、モチベを上げるべく以前サラダ油師匠が言われてた瞬間記憶術?みたいな作戦を試してみました。
冒頭アイキャッチの画像でいう奥義になぞらえるには程遠い作戦(以下、メモ戦術と呼びます)ですが、、、
要は、自分の+相手の出したカード(2枚倍化限定)の両方を書き止め可能か確かめてみたんです。
ま、公開するのは正直お恥ずかしいレベルですが、そのやり方と結果について後述しますw



まずは2月のアカデミーの集合写真から
Wittyさん、土日連続優勝おめでとうございます!
201802GroupPhoto.jpg


2日連続優勝!という偉業を成し遂げられたWittyさんを囲んで拍手! カゴメカゴメ~♪
ほんとお強い! この人の勝負勘にはいつも脱帽です。
僕も2日連続でWittyさんに成敗されるという好アシスト?!で貢献しましたYo!

さて初日の戦績は、6勝3敗3分け。
15分ぐらい遅刻して、しかも急遽組み直したデッキに間違ってラオコーン9点の方入れてたよ!
3戦目でようやく気付いたああwwwグダグダなスタートで、新戦術を実験とかする以前の状態でしたw
それでも最初のうちは運よく引き分けを挟みながら連勝出来てたんですが、後半慣れないメモ戦術のおかげで知恵熱がでてきた。(つД`)ノ
ワインの酔いもまわってきたところで、Wittyさんに凹られ、シェバさんの蛇に噛まれて、頭痛が酷くなりギブアップでした。
でも優しいシェバさんが気遣ってくれた。 ありがとうねー。
久しぶりに楽しかったですね~^^

2日目ですが、秘儀キャラチェンジを発動!
というのは1日でロスト回収の気力は当然なく、しかも去年からロストしたままのフィジーとかナンマドールとかもあり、思い切って裏キャラのローマ字のルルちゃんで参加。
Raederle(レーデルルと読みます、スペルは英語の原書から)は、その昔ニーナドレスの赤色を求めてクロノス鯖で誕生した子なのです。あの時は根性無くて緑色のしかGETできなかったけど、東アジアまでは行けるようにしたからね。
ただし、この子は論戦に特化したカードを集めてはいるものの、総発見数500弱しかないので替えのコンボがロクにない!
ということで、気合い入れて、禁酒もしての参加です。

raederle.jpg

戦績は11勝2敗2分けだったかな。うん、上出来でしたね。負け屋さんの御蔭もあってw同じ二つ名もGETできました。
ただし初日と同じく後半やはりメモ戦術のせいか頭痛がして急ブレーキの連敗がありましたw
それでも何とかクールダウンしながら持ち直し、久しぶりの★3までたどり着けましたよ~^^

3月のアカデミーも一応2日連続参加できました。
ただし、事前のロスト回収を欲張って他の新発見物もとかやってて遅刻しちゃった。
土曜日はアカデミー開始時点で未だサンフランシスコとかにいましたからねwww鉄道のおかげで20分ぐらいでロンドンまで行けたけどw
日曜日も倍化コンボだけは回収して参戦したけど、メモ戦術は少し試しただけで終了です。
まあ奥義の完成は、今後の楽しみ(=師匠を倒す時)ということにしておきましょう。

そんな3月の対戦中で一番印象に残ったのが、ローマ皇帝ぽい御方から喰らった126点の剛拳!!
201803aca-dracon.jpg

いや~ほんと参りました!感動しました!もうこの勝負はセット数は関係なく即、僕の負けにしてくださいって感じ。

ちなみにご本人のブログを覗かせてもらったところ、最高144点!もマークされたとのこと。
この方のブログコメントに書かせてもらったのですが、「勝ちに拘ると対抗上2枚倍化を入れないわけにはいかず。
皆似た様なデッキになってしまってつまんないんですよね。僕も何か特色を出したいのですが・・・あれやるか」

そういえば、最近、ニャント聖拳なお方が参加されていないが、この辺が影響してるかも。|ω・`)




さてさて、メモ戦術の説明です。
最近、2枚で倍加コンボがどんどん追加されて計8セットにもなったんですね。
これは運営さんバランス悪すぎですよ。

以前計算したところによると、(計算違ってるかもしれませんが^^;)
5セット目(2枚倍化8セット温存の場合)、2枚倍化が1セット以上揃う確率は39.2%
6セット目(2枚倍化7セット温存の場合)、2枚倍化が1セット以上揃う確率は50.1%
あひゃひゃ~(゚△゚;ノ)ノ

しかし、皆似た様なデッキになった場合、ブロックしたりされたりするケースが増えるわけで。
そこで、メモ戦術の有効性を検証してみようと思ったわけです。

こちらは、メモのテンプレート↓(サムネイルをクリックすると大きくなります)
201802aca01.jpg
200ポイントのデッキです。
・真ん中の列、1行目左側「F」はフリージアン(右側のジプシーGipsyは都合により「J」で代用)、2行目「人」は左側が7点のプラトン、3行目「花」は左側がヒガンバナ、4行目は魚マークのつもり
・右側の列1行目丸印は左側がカルナ、2行目「G」はゴルディアス、3行目「光」は光キノコバエ、4行目は砂糖菓子のお城
・左側の列は2倍倍加以外なので、説明は省きますw「白」がホワイトタイガーといえばあとは大体わかるよねw

簡単な絵文字やイニシャルで関連付けたとはいえ、メモを取るには多少なりとも時間がかかります。
メモにかまけて勝負に負けては本末転倒なわけで、一覧性を重視しメモる場所を固定したものにしました。
ちなみに用紙はルーズリーフを半分折にしたものです。
ルールは自分の出したカードは黒ボールペンで絵文字記入し、相手の出したカードは赤ペンで斜線を引きます。

例1:
201802aca02.jpg

201802aca02r.jpg
この例1では、相手が馬と虫のコンボを出してくる可能性があります。そしてクリシュナは出しているのでブロックされる心配はありません。
なので2枚目に出すべきなのは光キノコバエで、3枚目でクリシュナを出してコンボ完成が正解となります。
ちなみにクリシュナが手札に無くて虫コンボで勝負する場合、相手がコンボ崩してたら相手の持ってるカードから出すのが正解となります。
まあ正解といっても勝てる確率が上がるという意味ですが。
あと属性は虫ですが、生物4枚で属性が変わる事に気を付ける必要もありますね

例2:
201802aca03.jpg

201802aca03r.jpg
この例2では、自分の手札でコンボは無いので、2枚目で相手のコンボ阻止ができないかを考えます。
メモによると相手は魚、カルナ、毒花はコンボを崩しているので、唯一可能性のあるアレク剣を2枚目に出すのが正解です。
僕も大体はあまり考えずに何となく2枚目に岩絵を出してしまうんですけどねw

メモ戦術の有用性
無理やりまとめますw
有用性については、はっきり言って微妙です。

まず慣れる必要があり、ある程度慣れても記入ミスで混乱することがしばしばw逆に足を引っ張られることもw
慣れると頭痛がしなくなるのかな~、でも慣れるほど練習はしないと思うww
しかもアカデミーでは負けると当然カードロストする訳で、自分も相手も2倍倍加コンボの数がどんどん減っていきます。
だから後半戦ほど、双方2枚倍加コンボを全部入れてるはずというメモの前提も崩れて陳腐化していくわけですw。

体感ですが、このメモが役に立ったかなと思えるのは、6~7戦に1回程度でした。
つまりアカデミー15戦して、よくて2勝ぐらい上乗せできるかなという感じですかね。
まあ僕自身、気軽に楽しみたいと思うので、もう使わないかもしれないしww

それに、そうだ!
俺はボインジャーとしてボウケンジャー達を倒すんだ!!
喰らえ必殺技「ボインの戦い」ーーォ━━(#゚Д゚#)━━!!
Boyne.jpg


おしまい~^^

ではでは、また機会があれば、一緒に遊びましょう~^^
スポンサーサイト
[ 2018/03/30 01:09 ] 論戦 | TB(0) | CM(4)

まだまだ楽しんでます~^^

いつの間にかもう桜の散る季節ですね~、ご無沙汰してますKojiです。

下手の横好き?で、時間が取れる時は論戦イベントやアカデミーにだけは参加してます。 それで、正義の救世主?みたいなWittyさんとか、御苑洋子さんとか、Nadiaさんとかベテランの猛者達に情け容赦なくボコボコにされてますがw

それでも、なんと4月のA鯖開催のアカデミーで運よく@WEBのランキングに入ることができ「航海王子」の二つ名をGETしました!
「早口」に関しては、「軽口」か「うっこり」辺りが良かったのですが、選択肢が5つと限られてたものでww仕方ないですねw
何はともあれ、嬉しいです~^^
17-0417-1.jpg

ちなみに、この日はガイノールさんの
「ぱいぱいが大変!」に過剰反応してしまい・・・(本当は配牌、分かってて突っ込んでごめんなさいw)
おかげでフレになってもらいました~^^;




以下は記事にしようと思っていた、Ridleyさん主催の1月の論戦イベント(3人一組のチーム戦でしたね)の時のSSです。
Nadiaさん、ニッコウさんとチーム組んで、優勝決定戦まで戦えて最高でした!

17-0417-2.jpg

17-0417-3.jpg


こちらのSSは1月のアカデミーの時の集合写真です~(右端に皆のアイドル!がいますよ)
17-0417-4jan.jpg



さてさて、愚痴を書いても仕方ないが、リアルはままならないもの。
最近仕事から帰ったら、(酒飲んで)寝るだけの生活が続いています~^^;
1か月経っても、ロスト回収が終わらないww

ま、ゲームで夜更かししない方が体調にも絶対いいので、このままフェードアウトの予感がします・・・

でも、このブログで書きかけた妄想シリーズは、これから完結させようかと思ってます (。´・(ェ)・)
[ 2017/04/17 01:12 ] 論戦 | TB(0) | CM(0)

BJ論戦イベント参加

ども~ご(・(00)・)さしてますw、Kojiです。
サラダ油さん主催のBJ論戦イベントに参加してきましたー(。>ω<。)ノ
(といっても5月末頃の話ですね~^^;

。゚(゚´(00)`゚)゚。ぶひぃーん。

まあ、この数か月は色々とバタバタしてたのでゴニョゴニョw

とりあえず、サラダ油師匠の開始の挨拶SSをペタリと。


朧げな記憶なのですが、予選もう1勝で勝ち抜けるところで伝説のむっぱーさんに打ち砕かれて、そのまま這い上がれずw
決勝トーナメントに進んだ4人の方は、それなりに良く練られたデッキを用意してたみたい。

いや~でも本当に楽しかったです。
師匠! 参加させてもらって、ありがとうございました!




そうそう9月のアカデミーも半年ぶりぐらいで参加できました。

アカデミー2日前の恒例の論戦練習会、時間が無くてほとんどBJ論戦のデッキのままで出てみた。
それでシェバさんと最下位争いができて楽しかった~^^

ガチデッキで練習したい人には失礼だったかもしれないが、おかげでほぼ勝負勘が戻りました。
Ridleyさん、いつもありがとうございます。


アカデミー2日目の記念写真をペタリと。 皆でアピールで〆
201609academy.jpg


やはり論戦の醍醐味は、相手の手札の読み愛だね~

また参加できると良いな~ではでは~^^

[ 2016/10/10 00:21 ] 論戦 | TB(0) | CM(0)

【商会連絡】 2016年クリスマス会の予定

最後にクリスマス会を催してから、もう4年も経つのか~
合同開催した、アルマーニ★グッチさんとこは、もう解散しちゃったんだよね。
2012年の商会クリスマス会:衣装コンテスト

ごめんよザラさん、
引き継いでから、俺まともに商会長らしいことしてないよ。。まあもう移民クエとかやってらんないけどねww

よし、みんなー今年は商会クリスマス会やりますYo!

鯖統合で商館を失ってからも久しいけど、、とりあえずうちのアパにクリスマスぽいオーナメント飾ったよ。

100416 010807


さて、何やろうかな?、う~ん

一人きりのクリスマスイブ~♪(ハッ ・゚・(つД`)・゚・

[ 2016/10/08 01:44 ] マダム商会連絡 | TB(0) | CM(0)

『見果てぬ夢』  第一話 宇宙に目的はあるのか?

ども~、Kojiでっす。
えへへ、またポエムみたいなコーナー始めちゃった。(/∀\*)

まずは宇宙という事で、天文の発見物から何となく2つほど拝借したのをペタリと。

アンドロメダ星雲の渦巻き
アンドロメダ星雲の渦巻き

スバル(プレアデス星団)
スバル


表題で使ってる「見果てぬ夢」は、サロニカ郊外からヴェルギナ遺跡を発見する冒険クエにもあります。
世界史上最初に世界征服を夢見たアレキサンダー大王ゆかりの地ということなんでしょうね。

もちろんこのシリーズで書きたいのは過去の歴史ではなくて、未来を妄想?!することなので、まずは宇宙のお話を。
そういや僕は小学生の頃の「大人になったらなりたい職業」に、宇宙飛行士って書いていたぐらい宇宙に憧れを持っていた。
まあ世間知らずだったわけなのだが、今でもニュートンとかで宇宙特集とかあるとつい釣られて買ってしまうことがある。
しかし宇宙に関してはまだまだ謎だらけだ。

ある学説によると、全宇宙の直径は24ギガパーセク(780億光年)以上あるそうだが、球状?ドーナツ状?をした宇宙の外には何があるんだろう? いや、そもそも既知の太陽系周辺までの3次元ユークリッド空間の延長で、宇宙全体を理解しようとするアプローチ自体が間違ってるんだろうけどね。
また、定説によるとビッグバンにより宇宙が始まったそうだが、じゃあビックバンの前は何があったんだろう? ついでにいうと宇宙の質量の半分以上を占めるらしいダークマターって何よ?

要は、宇宙については最先端の科学でもまだよく分かっていない謎だらけということだ。
つまりは大航海時代以前の人間にとっての地球みたいなもんなのだ。ここから先は世界の果てで、入港許可書がないと先に進めません!(笑)

そう宇宙に思いを馳せると、数千億個の数千億倍ぐらいあるらしい恒星にあるこれまた偶々生物の進化に適した惑星の中にあって一人の人間(自分)に生まれてこれて本当に幸せ! 
このあり得ないほどの奇跡を大切にして、家族を思いやって、仕事を通じた社会貢献を頑張っていこうと思う。(うは柄にもない、偽善者ぽいこと書いちゃった。でも小難しいこと考えたりせずに、そういう幸せを追い求めるのが一番だと思うよ、僕も2年半ほど前にそういう幸せを一つ見つけたよ)




えーと、本題に戻しますw

表題の「宇宙に目的はあるのか?」に関して、

科学的な回答としては「NO」です、全ては偶然によって出来たので、宇宙には目的も意思もありません。

宗教的な回答としては「YES」です、そうでないと神の存在を否定することになるからです。

まあ『どっちでも良いじゃん。どっちにしても僕らの日常生活が変わるわけじゃあるまいし』というのが、常識人の回答だろうけど。

しかし人は「説明の難しいことに対して、直感的な分かりやすい説明を求めるバイアスがある」。
これは、大事な脳みそのエネルギーを節約するために進化が最適化された結果ということだ。後述するが、この宗教の「信じやすい感情」は集団淘汰でそなわったとも考えられる。だってさ、昔の人はずっと飢餓との闘いだった、農耕が普及する前の狩猟生活の人類は活動時間のほとんどを食物を探すことに費やしてたはずだ。

だから、こっから先は脳みそのエネルギーが有り余ってる人向けの話。
あ~でも、夜遅い時は甘いもの食べ過ぎちゃだめよ。お腹周りが最近・・・

(おー、わが心の友よ、君は何を探してるのだろう。僕はようやく半生掛けて探してた財宝の地図の断片を見つけたよ。そう、豊かさが足りなければ、豊かさ自体を増やしてやればいい。フレーム問題を乗り越えたAIなら密度の低い自然エネルギーを無限の労働力に換えて途轍もない豊かさを実現できる。決してパンが無ければケーキを食べれば良いじゃないって言ってるわけじゃない?でもまだ足りないピースがあるし、勝ち組が豊かさを独り占めしてしまう事はまた別問題だ。。。それとも、あれ、僕はまだ夢を見てるのだろうか?)





えーと、本題に戻しますwww(2回目)

さて有名なゴーギャンの油絵『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』を知ってる人は多いだろう。
これもまた、「宇宙に目的があるのか?」に似通った問題提起だと思う。そして多くの先人、暇人たちが、それに対する回答を思いめぐらしてきた。

そのうちの一つにして最高の回答(と僕は思っている)、E.O.ウィルソンの『The Social Conquest of Earth、(邦訳)人類はどこから来て、どこへ行くのか』はアメリカで社会ブームにもなった本だ。「ヒトを理解するためにまず社会性昆虫を理解する」というユニークな視点は目から鱗だった。この本は、進化の視点から人類の未来を展望できるまさに傑作だと思う。
ウィルソンの、生物は「個体と集団という二系統の利益の合計」が「利他的行動のコスト」を上回る時、「利他的行動」を選択するという主張は、社会生物学における相対性理論みたいなものだ。

social-conquest.jpg

人間の社会行動のすべてが利己的行動ではない。集団レベルでは利他的行動を意思決定をできる感情が遺伝的に埋め込まれてあり、それが様々な分野で社会秩序の形成に重要な役割を果たしているのだ。
ウィルソンは、利己的な動機のみから利他的な行動を説明しようとするゲーム理論を否定している。(これについてはケースバイケースだと思うのだがw)
生物全般、特に人類の場合は有史以前から、集団生活を通して激しい戦争を繰り返してきた、そのため「集団の存続なしに個体が存続できない」という強い条件づけが、感情を司る脳神経系の進化に決定的な影響を及ぼしたのだ。
一般にいわれる、「聖戦」、「正義の戦い」、「愛国心」といったスローガンに命を捧げる行動は一見非合理的な感情の発露に見受けられるが、実際の所は集団を守るメカニズムの一種であり集団間の競争に勝つためには合理的な選択肢なのである。
すなわち感情は『オデッセウスの鎖』でR.H.フランクのいうように、集団を維持するための「適応プログラム」の一種なのであり、理性と感情は必ずしも対立するものではなく、集団の利益VS個の利益というレベル感の違いという事なのだ。

ウィルソンの唱える新しい群淘汰(多レベル淘汰)理論の説明で有名なのは、細菌の感染についての実験である。
細菌が宿主に感染している場合、その繁殖力が大きい個体ほど多くの子孫を残すが、あまりにも繁殖力が強いと早期に宿主を殺し、別の宿主に感染する前に集団全体が滅亡してしまう。結局、菌の広がる範囲が最大になるように繁殖力が最適化された種類の細菌が生き残ることになる。長い間、人類を苦しめてきた結核やポリオといった病原菌もこの条件に適合したものだ。

ところで例えばなのですが、大航海時代から分岐し始めた人類の発展は、地球の他の生態系から見るととてつもない災厄かもしれない。とすると、、宿主を地球とすると、細菌って人間な・・・いや、しかしこれから訪れるのは適合するタイミング、まあ勝負の時ですな。

とりあえず、第一話はおしまい~^^


[ 2016/10/06 01:37 ] 歴史展望 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。