大航海時代に思いを馳せて

大航海時代Onlineのゲーム記録と、痛い子的歴史妄想で構成の予定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分は何故、大航海時代に魅かれたのか? & 歴史考察 初めに

自分が大航海時代Onlineを始めたのは、2007年末ごろからだったかな~
もう記憶が定かではないのですが・・・思えば長くやってますw。
(でも操舵スキルは先日やっとR10(非優遇カンスト?)なったばっかりだけどなw 。゚(゚´Д`゚)゚。

話は変わりますが、Astoraios鯖セビリアの熱い海のマダム連合商会では絶賛商会員募集中です!
もしセビリアで商会をお探しの方は、お試しでも構いませんので是非。
熱い海のマダム連合Blog

ちなみに僕が熱い海のマダム連合商会に加入したのは、初代会長のさじさんのBlogがすげー面白かったのが理由です。
もうその頃のBlogは残っていないですが;;
ただ上記リンクにある商会Blogにもいくつか記事を寄稿しているので、お暇な方は覗いてみてください~^^;
っと、商会の宣伝はこれぐらいにしてと。

まあオンラインゲームを長く続けるのに、特に理由はいらない。
飽きたら止めればいいだけの事ではあるのですが、ただ最近ようやく気付いたリアルの歴史認識を記事にしたくて書き始めました。
このBlogは、大航海時代Onlineのゲーム記録と、大航海時代に関連する歴史考察の半々ぐらいの構成で書き続けたいなと思っています。

ということで、まず人類史上最大(自分的に)の謎、大分岐について
うん、歴史とかにあまり興味のない人は、スルーしてくださいw




大分岐(great divergence)が起こったのは何故か?
注)「大分岐」は、K・ポメランツ (著), 川北 稔 (翻訳)でAmazonで売ってる本です。
以下はメモと自分の感想。

18世紀まで市場経済がもっとも発達していたのは中国であり、むしろ後進地域だった西洋が産業革命を実現して中国を逆転する大分岐(great divergence)が起こったのは何故か?

学校で習う教科書には、「産業革命」が起こり、木材の代わりに石炭の利用で工業が発展し「資本主義」が発達したのが原因とされてます。
そして土地(新大陸)と燃料(石炭)の開発によって生態環境の制約から解放される物理的な側面のみならず、産業化による食糧生産力の増大による出生率の上昇と、宗教革命による蓄財と喜捨を勧める啓蒙思想の発達もあり、精神的な歯車が噛み合ったことも大きいだろう。
ここまでが、この本に代表される近代経済史の大まかな見解です。

しかし、隠れた本当の要因は戦争である。近世ヨーロッパは地域的に分断され、数百年にわたって絶え間なく戦争を続けていた。
しかし戦争で得られる利益よりも損失のほうがはるかに大きく、戦争によって経済はむしろ疲弊する。逆説的だが産業革命を生み出したのは、戦争を支えるための体制=産業の都市への集中が原因なのだ。
ヨーロッパでは戦争が激しいため農村で工業化が進展せず、都市の城壁の中に集まるしかなかった。

都市では賃金が高く土地が狭いため必然的に機械化が進み、木材の供給が追いつかないため石炭を使った蒸気機関が生まれ、科学の発達によって技術革新が爆発的に起こった。労働生産性の向上には限界があるのに対して、技術革新によって生産性が急速に高まり、西洋が中国を逆転した。
相次ぐ戦争によって、村々が連合して領主のある荘園となり、更にそれが連合して国家となり国家意識が芽生えていった。そして今、その国家の連合の最終フェーズに差し掛かっている。

市場経済がグローバルに進展する事は止めようがない流れだ。だからデフレという日本国内の現象は、グローバルには一物一価が成立するための内外価格差の是正であって、その均衡に到達するまで鎖国でもしない限りは止めることはできない。19世紀の初頭には日本と中国の一人当たりGDPはほぼ同じであり、今おこっている潮流は、200年前の状態に復帰する動きと考えることができる。

さあ、怖いけどワクワクする人類史の新たなページが開かれつつあるのが見えてきましたよ!

スポンサーサイト
[ 2013/12/03 00:49 ] 歴史展望 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。