大航海時代に思いを馳せて

大航海時代Onlineのゲーム記録と、痛い子的歴史妄想で構成の予定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お金の話にまつわる雑感と、愛のポエムの最終回

冒険してるぜー! イエーイといっても半年以上は前のSSです。
この画像の場所はダバオなので、昔のフィリピンで使われてた石のお金ですかね。
この冒険クエのSS、じつは資本主義の未来(第2話)で使おうと思って撮ったんだった。折角なのでペタリと。


そういや勢いで書き始めてしまって放置している、ゲームとは全く関係ないこのシリーズwww
自称エンジニアの自分には畑違いすぎて書いてて頭痛が痛いのだけど、どうせちゃんと読んでくれる暇人(失礼!)は達磨さんぐらいだと思うので、予定している最終第5話まで週1話ぐらいのペースで頑張って書きあげてみようと思います。 (*- -)(*_ _)ペコリ




お金の魔力
さて、第2話の補足がてらお金に関する雑感です。
お金って本当に不思議な存在だと思います。だって世の中お金で買えないものは無いんですからね。(除く、健康と愛情?でもね・・・まあいいやw)
そして、人にはよるけど、多すぎるお金は人を狂わせる魔力みたいなものがある。

何千万~億を超えるストックオプションを貰って勤労意欲をなくしてしまった同僚を、僕は大勢見てきた。
いや、悠悠自適で働かなくても良いのなら、それを狂っていると云う方が間違いなのかもしれないが。

ところで第2話で少し書いたかもしれないが、政府・日銀は年2%のインフレターゲットを必達目標としてかつてない規模の金融緩和を続けている。既にマネタリーベースは400兆円を超えた操舵。
それでも当面の間、我々の実生活には何の影響もないだろう。リアルの経済活動はそれなりに強固なシステムであり、ブタ積みされた400兆円は未だヴァーチャル空間に滞留したままになっている。
しかし、どうやら今、その副作用が株バブルの始まりという形で出初めてきている。



【狼少年コージ・愛のPoemコーナー】(最終回)
前回、「この2016年の夏、再び中央銀行のベホマズンが必要な状況が迫ってきた。」と書いたが、それは誤りでした。
訂正してお詫びします。<(_ _)>
実のところは、日銀は既にアベノミクスとやらを始めた時から、FRBはリーマンショック直後から、金融緩和というベホマラーを掛けまくっていたので、必要なかったようです。

グレンコアもドイチェバンクも今回は持ちこたえるだろう。寧ろ調子に乗って空売りした連中のMPを吸収して元気になっているようだ。
原油も2月に底を付けたようだし、新興国経済も持ち直してきた。
イギリスのEU離脱決定が余計なイベントだったが、どうやらそこが底で、絶好の買い場でした。
既に今はFRBが9月に利上げをしても許される経済環境にまでなってきている。(結局利上げせずに年を越すと予想してるけどねw)

さてさて、これから始まるのは株&コモディティのバブルだ。
それも人類史上初の世界同時(アメリカも日本もEUも、新興国も、中国もね)の株バブルが始まりつつある。
それは企業の業績が良いから買われるというものではなく、金融緩和による行き場のないジャブジャブのマネーの流れ込み先としてだれも予想してなかった所まで逝ってしまうだろう。最後の局面では、すでにピークに達した国債バブルからの避難所として、又はインフレによる貯金の目減りに耐えかねて、株が買われるだろう。
このバブルは向こう2~3年間、またはWTIの120ドル超えるぐらいまでは続くはずだ。

もうね、阿波踊りの世界ですよ。
皆が踊り狂っている時に一人だけ醒めているのも興ざめだけど、、、狼少年、もとい狼オジサンは骨を埋める甲斐のある場所を遂に見つけたので、花咲爺さんにジョブチェンジしてみますね。
おしまい。


スポンサーサイト
[ 2016/09/04 01:38 ] 歴史展望 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。