大航海時代に思いを馳せて

大航海時代Onlineのゲーム記録と、痛い子的歴史妄想で構成の予定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第52回アカデミー参加記録

ども~コージです。
先週末のアカデミー参加してきましたっ
楽しかったです~(((o(*゚▽゚*)o)))
以上!

まったね~♪(o・ω・)ノ))















というのも味気ないのでw
たまには、振り返ってみようと思います。

まずは、参加された皆様お疲れさまでした~^^
サラダ油師匠をお見掛けできなかったのが残念ですが・・・・
いつでも復帰されるのを、お待ちしてますっ

こちらは日曜日の集合写真~(後述のように回線落ち予防のため、名前表示が省略されてる人もいます、スンマセン
Aca52_memorialphoto.jpg


さて自分の結果は、途中回線落ちの試合wwと負け屋さん相手を除外すると、2日トータルで23戦11勝10敗2分けという何とかイーブンぐらいな成績でした。

ちなみに回線落ちは、おいら君との試合の途中で、おいらさん、その節はご迷惑をおかけしました。 _(._.)_ペコリ
1セット目の途中で固まったまま強制ログアウトさせられて慌ててINし直すと3セット目の札が配られたところというシュールな試合。アカデミー途中での回線切れは初めて経験しました。原因は無線LANなので、う~ん次回までにLANケーブルひかないといけないかなwww

今回、用意したデッキは前回の記事でコンボ率高めるとか書いたこともあって、ロスト時の組み直しの手間は覚悟の上で、(ミロ、ニケ、ラオコーン)と、(カヌー、クぺ木槍、アオテアロア)と、(カーペット、白虎、カメレオン)と、(死海文書、七十人訳書、ヨハネ)の4セット12枚を入れたものでスタートしました。当然ボロボロ入れ替えていく結果になりましたwww
ちなみにステラーカイギュウも確保していたのですが、さすがに生物が多すぎるのでこれは入れてません。


で、結果は以下の通り、2日間トータル23戦のコンボ発生回数を表にしてみました。
簡単なPerlの数行スクリプト組んで、ログから抽出したものです。
Aca52-result.jpg

やってみてわかる事ですが、ログではわからない情報が色々あって、何セットで勝負がついたとか、各セットの点数がいくらだったとかの情報はログに残っていません。 その辺りは終了時にスクショでも撮らないと無理ですね。
コンボ発生率(仮)は、セットの平均が6.2ぐらいかなと仮定して計算したもので、実際のコンボ発生率とは多少違ってるかもしれません、念のため。
では以下、既に薄れつつある記憶を辿りながら、簡単に一人反省会を。

①20Pボーナス発生回数は対戦相手の倍ぐらいありますが、これは明らかにオーバーキルでした。その分他のセットで競り負けることが多くて、今にして思うとデッキのバランスが悪かったですね。8Pボーナスの発生回数も倍ぐらいありますが、素の合計が6点(ケフェウス座やマルガリータ島の)や7点(マラカイボ)とかのを多用してたので、相手がコンボなしでも高得点カード並べてきてゴリ押しされたことも結構ありました。

②次セット倍加の効果付きコンボの発生回数は、対戦相手が16回(うちギリシャ哲人7回)に対して、自分が9回(哲人ゼロおおお)でした。これは土曜日の第2戦でプラトンをロストして、何とか回収して臨んだ日曜日は何と初戦で再びロストというwwwこれは地味に痛かったですね、仕方ないけどw

あと弱体化について自分は5回発生しているけど、そのセットは全部落としたような気がします。メロリア海戦など合計点数低いのを入れてたので、どうせ捨てカードと割り切ってはいるのですが、、、
逆に相手3回の発生中、自分は3枚目弱体のサンジョーアビジャン喰らって1回セット落としたのを覚えているので、小技の使いどころも今後の課題ですねwww

まとめると、前回の記事で書いたように一番基本な「各セットを僅差で勝って、大差で負ける」という意識がなってなかった。コンボ発生率もさることながら、デッキのバランスもちゃんと考慮しないといけない。
具体的には、(ミロ、ニケ、ラオコーン)と、(カーペット、白虎、カメレオン)の両方入れたことがオーバーキルの原因で、目標とは逆の「大差で勝つ」勿体ないセットが多かったようですう。150P論戦だと、どっちか一つ採用ぐらいがベターだったのかな。

日曜の記念撮影の時に、優勝のアウエリアヌスさんが3枚コンボ6組?採用してたという衝撃の話を聞いたので、まあ運が大事なのかな、うん細かいこと考えずに楽しまないとね。
柄にもない解析など披露しておいて何ですがw、楽しかったのでそれで充分です~^^

ではまた~(ou(工)u)ノ
スポンサーサイト
[ 2015/11/19 01:53 ] 論戦 | TB(0) | CM(2)
解析ありがとうございます!
回線落ちシュールですね(ノ∀`*)
哲人ビリビリ毒花は狙い撃ちでロストする確率高いですよね、やっぱり!
相手の8Pコンボはゴリ押しで打ち返せるんだなぁ、、
自分にコンボが来てないとどうしても消極的になってしまうので
これからは思い切って勝負にでてみよう♪

[ 2015/11/20 09:54 ] [ 編集 ]
YuKIさんのおかげで閃いた
コメントありがとうございます!

YuKIさんへの返答を書いている時にひらめいたのですが、(妄想かもしれませんww

どういうことかというと、
・コンボが成立するセット ⇒ コンボの強さで勝負が決まる
・両方ともコンボがないセット ⇒ 3枚の単純な合計勝負

実は後者のほうではカードの点数の偏りが重要で、数学的に簡単に証明できる話です。
例えば、セットの手持ちカードが(5点6枚)対(9点3枚と1点3枚)の場合
どちらも合計は30点ですが、場に3枚出すなら(9点3枚と1点3枚)がセットを取れるに決まってますよね?

ま、詳しくは、別記事で紹介するようにします~^^
[ 2015/11/22 00:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。